患者さんが亡くなるのがつらいと悩む看護師へ

患者さんが亡くなるのがつらくて立ち直れない・・・と悩む看護師へ

患者さんが亡くなるのがつらい…

 

看護師という仕事は患者さんの命を預かる仕事であるため、
どうしても「患者さんの死」と向き合っていかなければいけません。

 

 

 

 

そうは言っても自分が担当していた患者さんが亡くなってしまうことは、
とても辛くて勤務中でも涙をこらえきれなくなってしまうこともありますよね。

 

 

ただベテラン看護師になっていくにつれて、気持ちのコントロールが上手になってきます。

 

 

初めの頃は患者さんの死に動揺してしまうこともありますが、
徐々に立ち直るための時間を早く出来るようになってきます。

 

 

 

患者さんの死から立ち直るために

 

自分の感情を押さえつけない

担当していた患者さんの死に直面した時に、どうしても涙が止まらないかもしれません。
一番つらいのは患者さんの家族だから看護師が泣いてはいけない、
そう思いながらも、それでも悲しい気持ちが抑えきれないこともありますよね。

 

ただ、看護師であっても患者さんのことを思う気持ちは一緒です。
涙がこらえきれなくなってしまっても大丈夫です。
我慢して感情を抑えてしまうことで、逆に悲しい気持ちを引きずってしまうかもしれません。

 

 

患者さんの家族と会話をしてみる

患者さんが亡くなった後に、患者さんが入院していた部屋のの片付けをすることになりますが、
その時に患者さんの家族と遭遇することもあるかもしれません。

 

そんな時は、患者さんの家族と一緒に生前の思い出を話してみましょう。
家族からこれまで知らなかった患者さんのエピソードを聞くことが出来たり、
逆に入院中の患者さんとの思い出を家族の方に伝えることが出来ます。

 

 

看護師としての成長の糧にする

特に新人看護師の場合、患者さんの死に立ち会うことに慣れていなくて、
初めは戸惑ってしまったり、どうしたらいいのか分からなくなってしまうかもしれません。

 

ただ1度経験した患者さんの死によって、感じることはたくさんあるはずです。
もしかしたら「あの時こうしておけば良かったな」とか「あんな言葉をかけてあげれば良かった」
など頭の中でグルグルと考えてしまうこともあるはずです。

 

その感じたことを、次に担当する患者さんにしてあげることで、
看護師としても一回りも二回りも成長出来るようになるはずです。

 

 

 

どうしても患者さんの死に向き合えない場合は?

 

患者さんの死から立ち直るための方法を記載してきましたが、
看護師として働く人の中には、どうしても患者さんの死がつらくて、
向き合うことが出来ないという人もいるかもしれません。

 

 

「患者さんの死に向き合えないなんて看護師失格なのでは?」
と自分自身を責めてしまい、看護師を辞めることも考えてしまう人もいます。

 

 

患者さんの死と向き合えないことに責任を感じる看護師

 

 

ただ看護師を辞めてしまう前に、職場を変えることも視野に入れて考えてみて下さい!

 

 

看護師の仕事は病院だけが職場ではありません。
クリニックであれば、基本的には患者さんが亡くなる機会はありませんし、
検診センターのように予防医療という分野で働くことも出来ます。

 

 

探せばキリがないくらい、患者さんの死と無縁な職場があるのです。
だからこそ、もしあなたが患者さんの死と向き合えそうにない、
その場面を考えただけでも体調に支障が出てしまう…という場合は、
まずは働く職場環境を変えること考えましょう。

 

 

 

患者さんの死と無縁の職場を探すために

 

もしあなたが患者さんの死に立ち会わなくてもいい職場を探すのであれば、
入院施設のない職場選びがポイントになってくるかと思います。
では入院施設のない職場とはどのような職場でしょうか?

 

 

クリニック
美容クリニッ
検診センター
保育園
学校の保健室
デイサービス
一般企業
CRC(治験コーディネーター)

 

 

上にあげたような職場であれば、基本的に患者さんの死に向き合うことはありません。
もし看護師を辞めた方がいいのかな?と考えている人は、
一度「患者さんの死と無縁な職場」に転職を考えてみてもいいかもしれません。

 

 

ただ上記のような職場は、なかなか求人が出ていないことも多いです。
例えばハローワークや求人広告なんかでは、なかなか見かけないですよね(^^;)

 

 

そのため看護師転職サイトに相談して求人を探していくことをおすすめします!

 

 

求人を紹介してくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトでは、担当のコンサルタントについてもらえるので
「患者さんが亡くなるのがつらくて…」と相談すれば、
入院施設のない職場をピックアップしてもらえます。

 

 

あなたに合った職場が必ずあるはずです!
もし転職を考えるのであれば、ぜひ看護師転職サイトに相談をしてみましょう。

 

 

 

患者さんが亡くなることがつらい人の転職先を探すために

 

ナース人材バンク

 

ナース人材バンクの登録画面

 

 

看護師求人数23万件と全国NO.1
支店が全国にあるので地方にも強い
検診センターや企業看護師の求人に強い

 

 

ナース人材バンクでは、転職サイトの中でも求人数が最も多いと言われています。
また上記の「入院施設のない職場」にあげているような、
クリニックや検診センター、企業看護師、保育園の求人も扱っているため、
患者さんが亡くなるのがつらくて悩んでいる看護師におすすめの転職サイトです。

 

また全国的に16支店の展開をしていることから、
地方の看護師で転職サイトを利用したい人にもおすすめです。

 

 

ナース人材バンクの詳細・登録はこちら

(※登録所要時間30秒)

 

 

 

看護のお仕事

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

お悩み相談も受け付けている
コンサルタントの対応が丁寧で安心
転職祝い金が最大12万円もらえる
24時間365日対応の窓口がある

 

看護のお仕事では、コンサルタントの対応が非常に丁寧なので
「患者さんの死がつらい」という悩みにも親身に相談に乗ってもらえます。

 

転職相談だけでなく、お悩み相談としても相談を受け付けているので、
まずは悩みを聞いてくれた上で、何が最適なのかアドバイスをもらえます。

 

もし「本当に転職してもいいのか迷っている」という人は、
看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう。

 

 

看護のお仕事の詳細・登録はこちら

(※登録所要時間40秒)

 

 

 

ナースではたらこ

 

ナースではたらこの登録画面

 

 

24時間365日相談可能!
対応スピードがとても速い
入職後のフォローが手厚い

 

ナースではたらこでは、24時間365日相談可能な窓口があるため、
不規則なシフトで働く人にとっては非常に便利です。
夜遅い時間でも「ちょっと聞きたいことがあって」という時も、
気兼ねなく相談出来るのが助かります。

 

また入職後サポートも丁寧で2ヶ月に1度は連絡をくれるので、
もし困ったことが出てきた時には安心して相談出来ます。

 

 

ナースではたらこの詳細・登録はこちら

(※登録所要時間1分)

 

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト