過酷な夜勤がつらいと悩む看護師へ

過酷な夜勤がつらい・・・と悩む看護師へのアドバイス!

過酷な夜勤がつらいと悩む人へ

 

看護師の仕事はただでさえハードな仕事だと言われていますが
「夜勤の勤務がどうしてもつらい」という人も非常に多くいます。

 

 

過酷な夜勤がつらい看護師

 

 

夜勤の仕事は、2交代であれば16〜17時間の長時間勤務になります。
そんな中で、看護師の人数が各病棟に1〜2名で仕事をこなしている職場もあり、
看護師一人の仕事量がかなり多くて、負担になってしまっているのが現状です。

 

 

どこの病院でも夜勤帯の看護師の人数を増やしたいと思ってはいても、
なかなか夜勤の看護師の人数が増えなくて苦労しているところです。

 

 

 

過酷な夜勤の実態について

 

一人で30人以上の患者を受け持つ
ナースコールがひたすら鳴る
おむつ交換にずっと追われる
仮眠時間がほとんど取れない
看護師の人数が少なくて走り回ってる

 

基本的には7対1の看護体制の場合は患者さんの受け持ちは10〜14人くらいですが、
療養型病院であれば一人の看護師が20人の患者さんを受けもつこともあります。

 

 

また一人夜勤の環境や看護師不足の病棟では、一人で30人以上の患者さんを
受け持つケースもあり、そういった環境であれば仮眠時間も取れないことが多いです。

 

 

また夜勤帯の看護師の仕事は、配薬、体位変換、点滴の準備などがありますが、
中にはナースコールでひたすら呼ばれる患者さんがいたり巡回中に急変があった場合、
夜勤の長時間勤務の中でも、対応で走り回らないといけないことになってしまいます。

 

 

 

夜勤が落ち着いた職場で働きたい

 

看護師の中でも、夜勤は体力的にも精神的にもつらくて避けたい
という人も多いですが、実際は夜勤に入らないといけないことも多いです。

 

 

それであれば、比較的夜勤の仕事が楽な職場で働きたいと思うのではないでしょうか?

 

 

実際に私自身も夜勤をやっていた時に身体を壊してしまったことがあります。
その時に転職サイトのコンサルタントに相談をして、
身体に負担の少ない転職先を探してもらいました。

 

 

 

 

 

ちなみに夜勤が楽な職場の特徴としては…

 

夜勤帯の看護師の人数が3名以上いる
夜間専門の救急病床が設置されている
ヘルパーの人数が充実している

 

 

実際に、病院によっては夜勤帯の看護師や介護士の人数を充実させているところもあります。

 

 

また中には夜間専用の救急病床をを設置して、夜間帯の救急入院を受け入れることで、
夜間帯に、直接病棟に救急入院が入ることのないようなシステムを作っている病院もあります。
救急病床が夜間帯に受け入れた患者さんは、翌日の日勤帯に各病棟に送られます。

 

 

このように、ちょっとした病院の工夫で夜勤帯の看護師の負担は減ります。

 

 

もしあなたの今働いている職場の夜勤が過酷な環境であれば、
ぜひ看護師転職サイトのコンサルタントに相談をしてみましょう。

 

 

夜勤が落ち着いている職場を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト