高給料な夜勤専従常勤の看護師求人の探し方

圧倒的に高給料な夜勤専従常勤の看護師求人を探す方法!

夜勤専従常勤として働きたい!

 

看護師の仕事は、本当に様々な働き方があります。
日勤のみで働きたい、という人もいれば夜勤のみで働きたい人もいます。

 

 

夜勤専従で働きたいと希望する看護師

 

 

夜勤専従常勤は、よく「夜勤常勤」と呼ばれることもありますが、
日勤シフトには一切入らず、夜勤のみのシフトに入る勤務形態です。
ちなみに夜勤専従常勤としての働き方は、メリットもあれば、デメリットもあります。

 

 

 

夜勤常勤の働き方について

 

夜勤常勤という働き方は、1回の勤務時間が16時間と長くなります。
その分、勤務日数が少なくなるため休みの数が多くなるのが特徴です。

 

 

基本的には夜勤の回数が月8〜10回程度です。

 

 

常勤という勤務形態になるので、社会保険はもちろん尽きますし賞与もあります。

 

 

シングルマザーの人などで、24時間託児所に子供を預けて、しっかり稼ぎながらも、
日勤帯の時間は子供の行事にも参加してあげたいという人にも向いているかと思います。

 

 

 

夜勤常勤のメリットについて

 

夜勤が多いので給料が高い
休みの数が通常の常勤勤務よりも多い
常勤と同じ待遇を受けることが出来る

 

夜勤常勤の一番のメリットとしては、他の勤務形態よりも月々の給料が高いことです。

 

 

基本的には、夜勤手当の平均が1回15000円程度の病院が多いことから計算をしてみても、
夜勤に8回入るだけでも、月120,000円もの夜勤手当が付くので基本給とその他手当に
さらに120,000円の手当が付くことになるので月給35〜50万円くらいになることが多いです。

 

 

また賞与に関しても、通常の常勤と同じく支給されるため年収500万円以上になってきます。

 

 

 

夜勤常勤のデメリットについて

 

研修や勉強会、委員会に参加出来ない
夜勤常勤の求人がある病院が少ない

 

夜勤常勤のデメリットとしては、夜勤のみの勤務になるため日勤に開催される研修や
勉強会や委員会活動などに参加が出来ないため、キャリアアップが難しいといえます。

 

 

また夜勤専従常勤という勤務形態を扱っている病院は珍しいことからも、
なかなか自分自身で求人を見つけることが難しいかもしれません。

 

 

 

夜勤専従常勤の求人を探す方法は?

 

夜勤専従常勤という勤務形態を取り入れている病院も少ないという現状はありますが、
それに反して給料面や休みの多さから考えても夜勤専従常勤で働きたい人は増えています。

 

 

もしあなたが夜勤専従常勤の働き方が出来る病院を探したいという場合は
看護師転職サイトのキャリアコンサルタントに相談をしてみることをおすすめします!

 

 

看護師転職サイト

 

 

夜勤専従常勤の場合、病院によっても給料の差が大きく開きます。
そのため転職サイトのコンサルタントであれば基本給や賞与はもちろんですが、
看護師の経験年数から給料がどれくらい出るかなども教えてもらうことが出来ます!

 

 

夜勤常勤として働きたい人は、給料が気になる人も多いかと思いますので、
ぜひ一度看護師転職サイトに相談してみましょう!

 

 

夜勤専従常勤の求人を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト