認定看護師の資格取得のために必要な費用と手段

【認定看護師を目指したい】資格取得のために必要な費用と手段とは?

認定看護師の取得をするためには?

 

看護師として専門的な分野でキャリアアップを考えている人の中には、
認定看護師の資格を取得しようと考えている人も多いかと思います。

 

 

認定看護師として働きたい女性

 

 

認定看護師の資格を取得することで、給料アップを目指せるという点もありますが、
自分自身が極めたい特定の診療科について、深く看護に関わることが出来ます。

 

では認定看護師を取得するための費用はどれくらいかかるのでしょうか?

 

 

 

認定看護師を目指すために必要な費用

 

認定看護師を取得するにあたっては、専門的な知識や技術が必要になるため
学校へ行かなければならないため費用がかかってきます。

 

 

全体的にかかる費用は200万円程度と言われていますが、
資格取得までにかかる費用に関しては、個人差があります。

 

 

認定看護師

 

 

全体でも200万円かかる費用の中でも、全員が共通でかかる費用は約100万円です。

 

 

その金額の内訳として入試検定料約5万円、授業料約70万円、入学金約5万円、
実習費約10万円、認定費用5万円、認定審査費用5万円が必要になります。

 

 

しかし、それ以外の費用として参考書費用や、公共交通期間の交通費もかかります。

 

 

中には教育機関までの距離が遠くて通うのが難しい場合、期間限定でマンションを
借りないといけないこともありますので敷金礼金を始め家賃も負担しなければいけません。

 

 

そうなると住所から準備をして認定看護師の資格を取得するまでに、
家賃、引っ越し費用、宿泊費、交通費、参考書の費用など合計100万円程かかることになります。

 

 

 

資格取得支援をしてくれる病院がある!

 

もしあなたが「認定看護師の資格は目指したけど、まとまったお金が出せない…」
と悩んでいるのであれば、資格取得支援制度のある病院へ転職するのも一つの手段です。

 

 

認定看護師の育成に力を入れている病院では様々なバックアップを受けることが出来ます!

 

 

授業料半分免除
受験費用の全額負担
入学金の全額負担
通学している間の給料保障

 

 

これは資格取得支援のほんの一部ですが、
病院によっても資格支援の体制は異なります。

 

 

もしあなたがこのような資格支援制度のある病院で働きたいという場合は
看護師転職サイトのコンサルタントに相談してみることをおすすめします!

 

 

資格支援のある病院を紹介してくれる看護師転職サイト

 

 

資格支援の援助がある病院をはじめ、在籍する認定看護師の人数なども教えてもらえるので、
認定看護師を目指す看護師にとっては、かなり有益な情報を得ることが出来ます。

 

 

資格支援制度がある職場を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト