配属先別の看護師の平均年収について

配属先別!看護師の平均年収って大体どれくらい・・・?!

配属先別の看護師平均年収について

 

看護師は一般的な職業よりも平均年収が高いと言われています。

 

しかし看護師の中でも配属先によっては夜勤がなかったり、
配属毎に変わる手当や残業代によっても給料に差が出てきます。

 

 

配属先別の年収を教えてくれる看護師

 

 

まずは配属先別の看護師の平均年収について比較してみました。
転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

 

 

配属先別の看護師の平均年収について

 

病棟:平均年収462万円

病棟勤務の場合、夜勤手当が2交代であれば夜勤手当が
月4〜5回分つくことから、比較的平均年収が高くなります。
20代で平均年収440万円〜50代で平均年収520万円くらいです。

 

 

外来:平均年収410万円

外来勤務の場合、夜勤手当がつかないため日勤常勤になります。
そのため平均年収は病棟よりも下がってしまうため、病棟から外来へ
転職をする場合、平均年収がかなり下がってしまうことになります。

 

 

救急外来:平均年収458万円

外来であれば日勤常勤ですが、救急外来は夜勤も入ることになるため、
大体病棟と同じくらいの平均年収にになってきます。
病棟よりは残業が少ないことが多いため、少しだけ平均年収が下がります。

 

 

ICU:平均年収480万円

ICUの勤務では病棟と同じくらい、もしくは危険手当がつくことがあるため、
看護師の配属先の中でも平均年収が一番高くなります。
残業代も多くついたりと、基本給以外の手当が多いのがICUの特徴です。

 

 

オペ室:平均年収452万円

オペ室勤務の場合、夜勤に入るか日勤のみでオンコールに入るかによって、
給料が大きく変わってきます。※夜勤有452万円、オンコール423万円。
またオンコールの場合は回数によっても差が出てくるので事前に確認しておきましょう!

 

看護師の配属先の中でも、最も平均年収が高いのはICUになります。
それだけ業務として大変なことやしんどいこともありますが、
その分給料も稼ぎながらキャリアアップも目指せるます。

 

 

 

気になる配属先に転職をするなら…

 

もしあなたが今働いている配属先とは別で、転職を考えているのであれば、
仕事内容はもちろんですが、配属先ごとの給料についても確認しておきましょう!

 

 

中には転職によって、年収で50万円以上も下がってしまうという人もいるため、
生活水準が困らない程度なのか、事前に調べておく必要があります。

 

 

また給料を今よりもアップさせたいという場合、
平均年収が高い配属先への転職も考えてみてもいいかもしれません。

 

 

その際はぜひ看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします!

 

 

給料ん高い配属先を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトに登録をすることで、まずはあなたの希望条件を聞かれます。
その時に希望年収を伝えておくことで、あなたの希望に合った求人をピックアップしてもらえます。

 

 

また希望給料に届かなかった時に、担当のコンサルタントから
病院に給料交渉をしてもらえるケースもあります。

 

 

給料アップを目指す人や、希望配属の給料について詳しく知りたい人は、
看護師転職サイトに相談をしてみましょう。

 

 

給料アップが出来る職場を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト