看護師の年齢別の平均年収について

【看護師の平均年収ってどれくらい?】20代?50代までの年齢別まとめ

年齢別の看護師平均年収について

 

看護師は他の仕事とは違い経験年数によって給料加算があります。
そのため転職の時も、これまでの看護師としての経験年数が
長ければ長いほど給料も高くなってくるのが特徴です。

 

 

給料について話をする看護師

 

 

実際に経験年数によって、どれくらい年収は変わってくるのでしょうか?

 

 

年齢層別の看護師の平均年収をまとめてみました!
転職する時の平均年収として参考にしてもらえたら幸いです。

 

 

 

20代〜50代の看護師の平均年収とは?

 

20代前半:平均年収440万円
20代後半:平均年収450万円

 

30代前半:平均年収460万円
30代後半:平均年収470万円

 

40代前半:平均年収480万円
40代後半:平均年収490万円

 

50代前半:平均年収500万円
50代後半:平均年収510万円

 

※病棟勤務の場合を仮定して、年齢別に平均年収を出してみました。

 

 

 

看護師の仕事は一般的な仕事よりも、
平均年収が50万円以上高いと言われています。

 

 

内訳としては夜勤手当やその他手当が高いからということもありますが、
経験を重ねれば重ねるほど経験加算も高くなってきます。

 

 

ただ病院によっては加算手当が高くつくところもあれば、
経験が浅い人も長い人もほぼ給料がほぼ一律という病院もあります。

 

 

これまでの経験が評価されるかどうかという点は、
モチベーションにも関わってくるので、看護師にとっても重要なポイントですよね。

 

 

 

給料アップのために転職をするなら…

 

もしあなたが今の病院の給料が低いからという理由で、
転職を考えているのであれば「経験加算が高い病院」を探してみましょう。

 

 

理由としては看護師の給料の特徴として、
経験加算手当ては看護師の基本給に加算をされるケースが非常に多いため、
基本給が高くなれば必然的に賞与も高くなります。

 

 

給料が高い病院の特徴は、基本給と賞与が高い病院が多いです。
基本給25万円、賞与4ヶ月以上あれば年収500万円以上になります。

 

 

だからこそ、経験加算手当てが高い病院を探すためにも
看護師転職サイトに相談することをおすすめします!

 

 

給料が高い病院を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトであれば、数多くの求人の中から「加算手当てが高い病院」を
ピックアップしてくれた上で、更には給料交渉をしてくれるケースもあります。

 

 

だからこそ転職によって給料アップしたい人は、転職サイトに相談をしてみましょう!

 

 

給料アップが出来る職場を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト