脳外科で働く看護師のメリットとデメリット

脳外科で働きたい看護師必見!知っておきたいメリットとデメリットについて

脳外科の看護師として働きたい人

 

「脳外科=すごく忙しい」というイメージを持つ人も多いかもしれません。
というのも脳外科に入院する患者さんは脳に関する病気に関わるため
緊急手術になるケースも多く、看護師としてもスピード感のある対応が求められます。

 

 

脳外科の患者さんは主に、脳梗塞、脳卒中、くも膜下出血を始め、
頭痛、めまい、手足のしびれに関しても多くの患者さんが診療に来ます。

 

 

脳外科で働く看護師

 

 

また脳外科の特徴として脳障害があったり意識レベルが低い患者さんも多く、
コミュニケーションを取るのが困難な場合もあります。

 

 

そういった患者さんでも、看護師としてしっかりと観察をして、
ささいな変化に気づいてケアをしていくスキルも必要になります。

 

 

 

脳外科の看護師の仕事内容とは?

 

脳外科では手術を受ける患者さんも多いため、術後のバイタルチェックや
意識レベルの低い患者さんの経過観察、ドレーンの管理や輸血の管理があります。

 

 

看護師の使用する医療器具

 

 

また緊急手術が多い脳外科では、看護師としても臨機応変な対応が求められます。
一刻を争う命を預かっているケースも多いため、医師からの指示に迅速に対応出来るよう
常日頃から医師と意思疎通をはかっておくコミュニケーションが大切です。

 

 

また手術を受ける患者さんや家族に対して医師から術式の説明をしていくため、
看護師は手術後の看護の説明と不安を抱える患者さんや家族への精神的なケアを行います。

 

 

特に脳外科の手術では生命の危険や後遺症の不安を抱える患者さんも非常に多いため、
少しでも不安を和らげることにできる看護師の役割は、非常に重要な立ち位置となります。

 

 

 

脳外科で働くメリット

 

他の診療科よりも給料が高い
他の診療科からの信頼があつい
看護師としてのキャリアアップに繋がる

 

 

脳外科では、緊急オペや緊急入院が多く発生するため必然的に残業が多くなります。
そのため残業代も多く給料が高くなるため、それがやりがいにも繋がります。

 

また全身を司る脳神経を取り扱うため、全身管理を行う力を身につけられることからも、
脳外科での経験は他の診療科からの信頼に繋がると言われています。
いざ転職を考えた時も、脳外科の経験は強い武器になります。

 

 

 

脳外科で働くデメリット

 

残業も多く体力的にかなりハード
覚える勉強量がとても多い

 

 

脳外科では緊急手術が入ってくることが多いため残業が多く発生します。
また意識がない患者さんが多かったり意識があっても自力で動けない人も多く、
介護的な仕事をする機会も多いため体力的にもハードな仕事になります。
体力に自信がない人は、脳外科での勤務は少し厳しいかもしれません…。

 

また脳外科では日々医療が急激に進歩している関係もあって、
常に新しい知識を勉強していかなければついていけなくなってしまいます。
そのため家に帰ってからも自主的に勉強をする時間も必要になってきます。

 

 

 

脳外科への転職を考えているのであれば…

 

もしあなたが脳外科に興味があって転職を考えているのであれば、
まずは色々な種類の病院を見てみることをおすすめします!

 

 

理由としては脳外科といっても単科で専門病院として運営している病院と、
または総合病院の中に脳外科病棟がある病院に分かれます。

 

 

ハローワークや求人広告でも病院の求人が出ていることもありますが、
もし脳外科でのスキルアップを目指しているのであれば、
救急搬送の数をはじめ、病院の体制面、教育の充実なども気になりますよね。

 

 

そこで看護師転職サイトに相談してみることで、
あなたの希望にあった求人をピックアップしてもらえます。

 

 

脳外科の求人を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトであれば、これまでに働いていた看護師の口コミや評判を聞いているため、
病院の内部情報として看護師のリアルな現場の声を教えてもらうことが出来ます!

 

 

実際に転職をしてから「入ってみたらイメージと違った…」ということのないよう、
病院の内部情報はしっかりと調べた上で職場探しをしていきましょう。

 

 

脳外科の求人を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト