産婦人科で働く看護師のメリットとデメリット

【産婦人科で働く看護師の仕事内容】メリットとデメリットについて

産婦人科の看護師として働きたい人

 

看護師という仕事は患者さんの最期を看取ることを避けては通れないですが、
産婦人科だけは「出産」という新たな生命の誕生に立ち会える唯一の診療科になります。

 

 

産婦人科で生まれた赤ちゃんの手

 

 

ただ、産婦人科の仕事はポジティブなイメージを持ったまま転職をして、
実際に入ってみたら「イメージと違った…」というギャップに悩んでしまう人もいます。

 

しっかりと産婦人科の仕事内容とメリット・デメリットを把握しておきましょう!

 

 

 

産婦人科の看護師の仕事内容とは?

 

まず始めに知っておきたいのが産婦人科は産科と婦人科に分かれるということです。

 

 

産科では主に出産から妊娠、そして産後のケアに関わります。
また婦人科では不妊や性感染症、女性生殖器の腫瘍性疾患などの治療に関わります。

 

 

産婦人科で働く看護師

 

 

産科の仕事内容について

産科の患者さんは、妊娠した女性や妊娠を希望する女性と生まれてくる新生児です。

 

主な仕事内容として妊娠期には検査の介助や健康管理の指導をはじめとし、
周産期分娩前の陣痛やバイタルチェックをしたり分娩後は母体の回復を確認します。
他の診療科では経験しないような、産科ならではの看護師業務に携わることになります。

 

 

婦人科の仕事内容について

婦人科では不妊、性感染症、生理不順、更年期障害の内分泌疾患をはじめ、
女性生殖器の腫瘍性疾患(子宮筋腫や子宮頸癌など)に携わることになります。

 

看護師の仕事内容としては、他の診療科と大きく変わることはなく、
医師の診療補助から点滴服薬の管理やバイタルチェックなどがあります。

 

また婦人科では子宮がん、卵巣がん、子宮筋腫を患っている患者さんも多く、
手術や抗がん剤をメインにした、化学療法も行っていくことがあります。

 

 

 

産婦人科で働くメリット

 

新しい命の誕生に立ち会える
助産師を目指せる
患者さんに寄り添った看護が出来る

 

 

産婦人科で働くメリットは上記に出てきたように、出産に立ち会えることが大きいです。
そのため病気や怪我で苦しむ人のいる他の診療科よりも明るい雰囲気が多いです。

 

また産婦人科で勤務することで、専門知識を高めることが出来るため、
将来的には助産師を目指すという選択肢も出てきます。
そうすれば他の病棟への移動もなくなるので、ずっと産婦人科で勤務することが出来ます。

 

 

 

産婦人科で働くデメリット

 

流産・死産にも立ち会うことになる
看護師の仕事が雑用なところもある
他の診療科への転職が難しくなる

 

 

産婦人科では幸せな出産ばかりがあるわけではありません。

 

流産や死産を始め生まれた子どもに障害が見つかるケースもあるため、
全ての妊婦さんが元気な赤ちゃんを出産出来る訳ではありません。

 

そのため、看護師として患者さんの精神的なケアも必要になってきます。

 

また助産師のいる職場では、看護師は雑用しか任せてもらえないという職場もあります。
結果的にそれがいじめや派閥に繋がってしまうこともあるので注意しておなかければいけません。

 

そして産婦人科の仕事は専門性が高い代わりに、他の診療科への転職が難しくなるため、
将来的に一般できな病棟への復帰を考えている際にはブランクを感じるかもしれません。

 

 

 

産婦人科への転職を考えているのであれば

 

もしあなたが産婦人科に興味があり転職を考えているのであれば
看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします!

 

 

産婦人科の求人を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

理由としては産婦人科の求人は、一般的な科目と比べても求人が出ないことが多いため、
ハローワークや求人広告では、なかなか求人が見つからない人も多いはずです。

 

 

そのため転職サイトの中でも一般公開されている求人ではなく、
看護師転職サイトの非公開求人として扱われていることが多いです。

 

 

また転職サイトの中でも、産婦人科の求人数が多いのが「看護のお仕事」です。

 

 

 

 

看護のお仕事では病院求人に強みを持っているのですが、
その中でも産婦人科の求人も多く扱っていると言われています。
(※合わせて助産師の求人も多いのが特徴です。)

 

 

通常、自分で求人を探す時にはインターネットでそれぞれの病院に、
産婦人科があるのかをまず調べて、それから募集をかけているか聞いて…
ということを全てしなければいけないため、非常に大変です(+_+)

 

 

転職サイトでは、あなたの希望を伝えたら求人をピックアップしてもらえるので
「産婦人科希望」を最初の面談の時に伝えておきましょう。

 

 

産婦人科で転職を考えている人は、看護のお仕事のコンサルタントに相談して、
転職活動を一緒に進めていくことをオススメします。

 

 

看護のお仕事で産婦人科の求人を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト