小児科で働く前に知っておきたいこと

小児科で働きたい看護師必見!転職する前に知っておきたい3つのこと

小児科で働く前に知っておきたい3つのこと

 

小児科は他の成人の患者さんがいる診療科とは少し異なります。
子どもが好きで小児科で働きたいという看護師もいれば、
小児科はとても大変なので避けたい…という看護師も多くいます。

 

 

小児科の赤ちゃん

 

 

小児科を希望している看護師は、小児科のデメリットも理解した上で
転職をしないと「働いてみるとイメージが違った…」ということになりかねません。
では実際に小児科で働く前に知っておきたい3つのことを紹介していきます。

 

 

 

1つ目:小児科の看護師の仕事内容

 

小児科は名前の通り子ども専門の診療科になりますが、
小児科だからといって他の診療科と仕事内容が大きく異ることはありません。

 

 

小児科で働く看護師

 

 

検査や処置
医師の診療の補助
病状の観察
患者指導
発育状態の見極め
家族への説明
患者・家族のメンタルケア

 

 

小児科病棟では主に急性期疾患や先天性心疾患、
重篤疾患など様々な症状の小児患者が入院しています。

 

小児科の看護師の仕事として大変だと言われている点が2つあります。
1つ目は、成人とは違い急変が多いことです。
そのため日頃から小さな変化を見逃さない観察力や
小児患者の検査値の把握が必要だと言われています。

 

また2つ目は、なかなか思うように言うことを聞いてくれないケースがあることです。
特に注射を怖がる子供は多く、ぐずって診察を嫌がっている場合、
親御さんと一緒に、注射を受け入れてもらえるようなだめなければいけません。

 

 

 

2つ目:小児科で働くメリット

 

子どもが元気に回復する姿を見れる
高い専門性を身につけることが出来る
内科全般の幅広い知識を身につけられる

 

 

小児科での一番のやりがいは、子どもが回復して退院していく姿を見れることです。
元々子どもが好きで働人も多いので、笑顔で感謝されると本当にうれしくなります。

 

また小児科では、子どもに関係する全ての疾患が集まってくる診療科になるため、
様々な疾患に対応することになることから看護師として幅広い知識が得られます。

 

そのため他の科目に比べても非常に専門性の高い看護スキルが身につきます。

 

 

 

3つ目:小児科で働くデメリット

 

親とのコミュニケーションが大変
子どもと意思疎通を取るのが難しい
苦しむ子どもを見るのがつらい

 

 

小児科といっても子どもの看護ばかりではありません。
小児科で一番大変だと言われているのが家族や親への対応になります。

 

親からすれば大切な子どもを預けることになるため、
看護師に非常に厳しい目を向けることになり、クレームに繋がることも多くあります。

 

また子どもが、なかなか言うことを聞いてくれなくて困ってしまうこともあります。

 

内服だけに1時間以上かかってしまうことも日常茶飯事です。
また大好きな子どもが病気で苦しむ姿を見るのがつらいという看護師もいます。

 

 

 

小児科への転職を考えているのであれば…

 

もしあなたが小児科に興味があり転職を考えているのであれば
看護師転職サイトへに相談してみることをおすすめします!

 

 

 

 

理由としては、小児科の求人はなかなか出ていないケースが多いため、
ハローワークや求人広告ではなかなか見つからない…という人も多いです。

 

 

そのため看護師転職サイトの中でも一般的に公開されている求人ではなく、
看護師転職サイトの非公開求人として扱っていることが少なくありません!

 

 

ちなみに、小児科の求人数が多い転職サイトは「看護のお仕事」です。

 

 

 

看護のお仕事

 

 

 

看護のお仕事では病院求人に強みを持っており、
その中でも他の転職サイトに比べると小児科やNICUの求人数が多いと言われています。
私自身、これまで7社の転職サイトを利用したことがありますが(!)、
小児科の求人は他の科よりも求人が少ないように感じました。

 

 

「小児科の配属の募集はどこの病院も出ていないですね〜」
と言われ続けてきた中で、看護のお仕事が救ってくれました(笑)

 

 

病院によっても小児科病棟自体持っているところも少ないため、
自分で求人を探すのは効率が悪すぎます。

 

 

だからこそ小児科に転職したいという人は、
看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう。

 

 

看護のお仕事で小児科求人を探してみる

 

 

 

◆現役看護師が総合的にオススメする看護師転職サイトも別ページでまとめています。

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト