整形外科で働く看護師のメリットとデメリット

整形外科で働く看護師のメリットとデメリットについてまとめてみました!

整形外科の看護師として働きたい人

 

整形外科では骨、筋肉、神経、靭帯等の
運動器官に関わる組織を対象としている診療科です。

 

 

四肢だけでなく骨盤や脊椎、脊髄など対象が広範囲であることも
整形外科の大きな特徴の一つといえると思います。

 

 

整形外科で働く看護師

 

 

また整形外科では、他の診療科に比べると命に関わる病気や怪我は少ないため、
少し地味に感じる人もいますが、患者さんの需要は非常に高い診療科です。

 

 

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、肩こりが男女ともに1位を占めており、
他にも手足の関節の痛みなど年齢に関わらず整形外を訪れる患者は多く、
高齢者だけではなく幅広い年代の人を看護することになります。

 

 

 

整形外科で働く看護師の仕事内容について

 

整形外科の看護師の仕事内容は、基本的には他の一般病棟と同じで、
バイタルチェックを始め点滴や採血、医師の診療の補助、検査の介助、
服薬管理、清潔ケアや食事介助等があります。

 

 

整形外科の病棟

 

 

また整形外科では、これら以外にも包帯の交換やギプス固定の交換や
骨折で自力で動けない患者さんの為に、体位変換や移動介助、トイレ介助もあります。

 

 

また整形外科に入院する患者さんは、普段は元気な人も多いため、
急な病気や怪我に不安を抱えている人も多くいます。

 

 

だからこそ患者さんの不安を取り除いてあげながら、
治療に専念出来るように、精神的なケアをすることも大切な役割のひとつです。

 

 

 

整形外科で働くメリット

 

患者さんの回復が目に見える
病棟の雰囲気が明るい
幅広い年齢の患者さんがいる

 

 

整形外科の患者さんは回復が目に見えるため、
それをやりがいに感じる看護師は多くいます。

 

骨折の患者さんであれば「ベッドから車いすに移動出来るようになった」であったり、
「少しずつ歩けるようになった」など、出来ることが増えるので患者さん自体も
回復を感じることが出来るため、病棟内も明るい雰囲気になることが多いです。

 

また一般病棟で働いていると、どうしても高齢の患者さんが多いため高齢者看護になりますが、
整形外科では高齢者にかぎらず幅広い患者さんの看護をすることになるため、
看護師としても看護技術をはじめコミュニケーションのスキルも上がります。

 

 

 

整形外科で働くデメリット

 

体力的にハード
腰を痛めることもある
患者さんからのクレームが多い

 

 

整形外科では、患者さんの体位変換や移動介助をする機会が非常に多いため、
体力的にハードな仕事になります。

 

例えば大柄な男性患者さんの移動介助は、
女性看護師では大変なので男性看護師がとても重宝されます。

 

そのような全身を使った力仕事も多いため、看護師の職業病ともいえる、
腰痛やヘルニアを発症してしまうことが多いと言われています(+_+)

 

また整形外科では骨折の患者さんなんかは、身体が動かないだけで口は元気な人も多く、
他の病棟に比べるとクレームが多くなります。自分自身の身体がうまく動かないことから、
看護師にきつくあたってしまう人もいるため気を使わなければいけません。

 

 

 

整形外科への転職を考えているのであれば…

 

もしあなたが整形外科に興味があって転職を考えているのであれば
看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします!

 

 

整形外科の求人を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

看護師転職サイトであれば求人の紹介はもちろんですが、
それぞれの病院の内部情報まで教えてもらえます。

 

 

「◯◯病院の整形外科は、看護師の人数が少ないから残業が多いですよ」
など普通では聞くことが出来ないような内部情報を聞くことも出来ます。
そのため実際に入ってみて「思ってたイメージと違った…」ということもありません。

 

 

「転職サイトに登録=必ず転職しないといけない」という訳ではなので、
まずはどんな病院があるか情報収集もかねて、転職サイトに相談してみましょう!

 

 

整形外科の求人を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト