消化器外科で働く看護師のメリットとデメリット

消化器外科で働きたい看護師必見!知っておきたいメリットとデメリット

消化器外科の看護師として働きたい人

 

消化器外科では食道や胃、小腸、大腸、肝臓、肛門など診療や治療を行います。
また食道や胃がんなど消化器疾患のう術を行うため、入院患者も非常に多くなります。

 

 

そのため消化器外科では、入退院も多く救急の患者さんが入ってきて
看護師もバタバタ忙しく動き回ってるイメージがあるかもしれません。

 

 

消化器外科で働く看護師

 

 

また消化器外科の特徴として、自覚症状のない患者さんも多く、
病状を早期発見するためにCTやレントゲン、内視鏡などの最新機器を
使用して検査がよく行われるため、機会に触れることも多いかと思います。

 

 

 

消化器外科で働く看護師の仕事内容

 

消化器外科の看護師の仕事内容は、一般的な採血や検温を始め、
患者さんのバイタルチェック、服薬管理、食事や排泄介助等があります。

 

 

看護師の医療器具

 

 

またそれに加えて、ドレーンの管理、オペ前の患者さんの様態把握、
オペ後の経過観察も消化器外科の看護師の役割となります。

 

 

また消化器外科では、比較的がんの患者さんが多いことから抗癌剤治療を受けている
患者さんやその家族は辛い治療によって精神的に不安的になることも多いため、
看護師としても不安をなるべく取り除く為にも精神面のケアをする事もあります。

 

 

また合わせて入院患者さんの入院中の生活や退院後の生活について、
生活指導を行うことも消化器外科の看護師の大切な役割の一つです。

 

 

 

消化器外科で働くメリット

 

看護師としてのやりがいが大きい

消化器外科では基本的にはオペや内視鏡の処置を行った後に、元気になって回復を
していく患者さんが多いため、看護師としてのやりがいも感じやすいのが特徴です。
また消化器外科と消化器内科両方行っている病院も多く、そういった病院で働くと
急性期から慢性期、終末期と全ての状態に関わる事が出来て非常に勉強になります。

 

 

がん看護を学ぶことができる

消化器外科では他の診療科に比べても、がん患者が多いのが特徴です。
そのため将来的に緩和ケアで働きたいと考えている看護師であれば、
消化器外科で学ぶことが、ゆくゆく緩和ケアで働く時に必ず活きてきます!
緩和ケアは、がんの患者さんと関わったことがある経験がないと配属されることも
難しいためキャリアアップを積むには消化器外科はおすすめの科目です。

 

 

 

消化器外科で働くデメリット

 

仕事がかなりハード

消化器外科では食道、胃、肝臓など全てのの病気を担当します。
日本人が最も病気が多いのも消化器系であるため非常に患者数も多いです。
そのため急な入退院が入ってくることで定時ギリギリに患者さんがくると、
残業になってしまうケースもかなり多いかと思います。

 

 

給料がそこまで高くはない

消化器外科で働く看護師の給料は、病棟勤務の看護師の平均くらいです。
高くも低くもなく…となっており20代の看護師で年収450万円程度です。
ICUなどは危険手当や残業手当で稼ぐことが出来ますが、消化器外科は
そこまで手当てが付くこともないため、給料にはあまり期待が出来ません。

 

 

 

消化器外科への転職であれば…

 

もしあなたが消化器外科への転職を考えているのであれば、
看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします!

 

 

 

 

看護師転職サイトをおすすめする理由としては、ハローワークや求人広告では
「消化器が強い病院は…」という病院の特徴まで把握しているケースは少ないためです。

 

 

だからこそ看護師転職サイトにまずは登録をして「消化器外科が希望」という旨を
伝えて、担当のコンサルタントに求人をピックアップしてもらいましょう!

 

 

「転職サイトに登録=絶対に転職をしなければいけない」という訳ではありません(^^)
まずはどんな病院があるんだろう?という情報収集のために相談してみましょう!

 

 

消化器外科の求人を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト