循環器で働く看護師のメリットとデメリット

循環器で働きたい看護師必見!知っておきたいメリットとデメリット

循環器の看護師として働きたい人へ

 

循環器病棟のイメージとして「忙しそう」であったり
「残業が多くて大変そう」というイメージをもつ人も多いのではないでしょうか?

 

 

ただ実際に循環器で働くことで看護師としてはキャリアアップにも
繋がるため、非常にやりがいを感じるという人も多いです!

 

 

循環器で働く看護師

 

 

循環器の病棟では主に心筋梗塞や狭心症、心不全などの
心臓疾患の患者さんや、血液の病気の患者さんの看護をすることになります。

 

 

これらの病気は中高年の男性が発症するケースが多くなるため、
主に中高年の男性患者さんを対応をする機会が非常に多くなります。

 

 

また循環器では、救急患者や重症患者への対応も多くなるため
専門的な技術や知識はもちろん、スピード感のある対応も必要になります。

 

 

 

循環器で働く看護師の仕事内容について

 

まず循環器科では循環器外科と循環器内科の2種類に分かれていて、
それぞれの科目によっても看護師の仕事内容も変わってきます。

 

 

 

循環器内科の仕事内容について

循環器内科では、主に薬物療法やカテーテルの手術が
必要ない治療をする科になります。また患者さんが急変することも珍しくない為、
患者さんのちょっとした変化に気づけるための、広い視野も必要になります。

 

また循環器内科では夜勤時に、入院患者の急変によるナースコールも多くなり、
対応が少しでも遅れると、命に関わってくる部分もあるので責任も重大です。

 

 

循環器外科の仕事内容について

循環器外科では、循環器内科と同様の業務の他に、
手術前後の患者さんのケアや管理が必要になります。

 

手術や検査内容については、基本的には医師から説明をすることになりますが、
看護師も同様に患者さんが行う手術の内容を理解しておくことで、
患者さんへの安心感にも繋がるため専門知識が求められます。

 

 

 

循環器内科と循環器外科によって病棟が分かれている病院もありますが、
中には「循環器」として一つの病棟にまとまっている病院も多いです。
では循環器で働く看護師の主な仕事内容はこちらです。

 

 

健康管理や経過観察
患者さんの体位交換などのボディケア
患者さんに処方する薬の管理
医師の指示に従って点滴や採血
心電図やエコーの検査準備や補助
入院患者のトイレ介助や食事介助

 

 

基本的には他の病棟と看護師の仕事内容はそこまで変わりません。
ただ心電図やエコーに関しては、循環器専門の機器になってくるため、
循環器で働くことで心電図が読めるなるのもスキルアップの一つに繋がります。

 

 

 

循環器で働くメリット

 

他の科目よりも給料が高い
幅広い知識が身につけられる
看護師としてキャリアアップできる

 

 

循環器での給料は他の科目に比べても最も給料が高いのが特徴です。
実際には「残業手当が多い…」という理由もありますが、
残業代を除いた基本給も高いケースが多いです。

 

 

また循環器の疾患は症状が呼吸や血流からきていることも多く、
先天性の疾患として小児に見られるケースも出てきます。

 

 

そのため呼吸器科や小児科など他の診療科と
協力しながら治療を行う為、幅広い知識を身に付けられます。

 

 

また数値として現れてこない部分に関しては、
患者さんの表情やしぐさから、病状を読み取ることが必要になります。
始めの頃は難しい部分がありますが、実践を積み重ねることで身につく能力です。

 

 

この「患者さんの見た目から病状を読み取る能力」は将来的にもとても役立ちます。
また心電図を読み取るというスキルは高齢者施設へ転職した時も活きてくるため、
循環器で働く看護師は転職の時にも非常に重宝されます。

 

 

 

循環器で働くデメリット

 

多忙な業務になる
残業や休日出勤が多い
勉強することが多い

 

 

循環器系の疾患は命に関わるため、看護師としても迅速な対応が求められます。
緊急入院や緊急手術も頻繁に発生するため、看護師は1日中走り回ったり
緊急時には残業や休日出勤が多くなるため、かなり多忙を極めることになります。

 

 

さらに循環器では忙しい勤務の合間を縫って勉強しないといけないことが多く、
なかなかプライベートの時間を取ることが難しい環境です。

 

 

また救急患者が多いことから、看護師の対応も一刻を争うことが多く、
プレッシャーも大きいため精神的にストレスを感じる人も少なくありません。

 

 

 

循環器への転職を考えているのであれば…

 

もしあなたが循環器に興味があって転職を考えているのであれば、
まずは色々な病院を調べてみることをオススメします。

 

 

理由としては循環器の科目がある病院といっても、
循環器専門の病院であったり、総合病院の中の一つの科目として
循環器病棟がある病院もあるため、特徴も本当に様々です。

 

 

ゆくゆく循環器の分野でキャリアアップを考えているのであれば、
循環器専門病院に勤めた方が様々な症例も診れます。

 

 

逆に、今は循環器を学びたいけど将来的には幅広い科目を学んで
どこへ行っても通用する看護師になりたいのであれば、
総合病院に転職をした方がいいかもしれません。

 

 

またあなた自身のキャリアプランがまだ明確ではない場合は
看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします!

 

 

循環器の求人を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトであれば、まずはあなたの希望を聞いてくれた上で、
将来の看護師としてのキャリアプランも一緒に考えてもらえます。

 

 

また気になる求人をピックアップしてもらえて、面接の調整や本番の対策まで
全て無料でサポートしてもらえるので、安心して相談してみて下さい。

 

 

循環器の求人を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト