看護師が病棟の日勤常勤として働く方法

病棟の日勤常勤として働きたい看護師必見!求人を効率的に探す方法

病棟の日勤常勤で働きたい人へ

 

看護師の中には日勤のみで働きたいという人も非常に多いと思います。

 

「小さな子どもがいて夜勤が出来ない」という人や「体調を崩してしまった」
など、それぞれに夜勤が出来ない理由があるためです。

 

 

日勤のみで働ける病棟

 

 

ただ外来であれば夜診の時間が遅くなってしまったり、訪問看護であれば不安が大きいため、
これまで病棟経験が長い人は病棟の日勤常勤で働きたいという人もいるかと思います。

 

 

そんな病棟の日勤常勤ですが、メリットとデメリットがあるため、
それぞれしっかりと把握した上で転職先として検討してみてください♪

 

 

 

病棟の日勤常勤のメリットは?

 

これまでの経験が活かせる
給料が外来よりは下がらない
病棟のブランクが空かない

 

 

何よりも一番のメリットは、病棟経験が活かせる事ではないでしょうか?

 

 

看護師としても臨床経験が長く経験出来るということは、
夜勤をしなくても看護師のキャリアをしっかりと積むことが出来ます。

 

 

また給料に関しても外来の場合であれば給料がかなり下がってしまいますが、
病棟勤務であれば手当も付くのでそこまで給料が下がることはありません。

 

 

 

病棟の日勤常勤のデメリットは?

 

病院によっては残業が多いところもある
土日祝関係なくシフトでの休み
自分だけが日勤常勤だとやりづらい

 

 

病棟で日勤常勤として働く上でのデメリットは、残業が発生しがちということです。

 

 

急性期病院であれば特に、救急が入ってきたり患者さんの急変があれば、
定時が過ぎていても看護師として対応をしなければいけなくなってしまいます。

 

 

また病棟勤務では、基本的には土日祝関係なくシフトの休みになるので、
子供が保育園に入っている場合、保育園との休みが合わないため難しいかもしれません。
ただ中には、土日休みの勤務希望を聞いている病院もあるので事前に確認が必要です。

 

 

また配属された病棟で、日勤常勤の勤務形態で働くのが自分だけの場合、
周りに気を遣ってしまうため、やりづらくなってしまうかもしれません。
もし日勤常勤で働く場合は、事前に同じ勤務形態の人がいるか確認しておきましょう!

 

 

 

病棟の日勤常勤の仕事を探すためには?

 

もしあなたが病棟の日勤常勤の仕事を探したいということであれば、
今の職場からの転職を考えることになるのではないでしょうか?

 

 

ただ病棟の日勤常勤は、少し特殊な勤務形態となるため、
ハローワークや求人広告では扱っていません。
どうしても病棟=夜勤は必須という求人が多くなってしまいます。

 

 

もしあなたが日勤常勤で働ける病棟求人を探すのであれば、
看護師転職サイトに相談することをオススメします!

 

 

病棟の日勤常勤の求人を教えてくれる看護師転職サイト

 

 

転職サイトであれば、数多くの求人から日勤のみで働ける病棟をピックアップしてくれます。
また更には、病棟の内部情報についても事前に教えてもらえるため非常に心強い存在です。

 

 

実際に働いている看護師の数、ママさんナースの人数、病棟の雰囲気など、
通常では知ることの出来ないようなリアルな情報を聞けるので、
「入ってからイメージと違った…」ということも減ってくるかと思います。

 

 

病棟の日勤常勤で働きたい人は、
ぜひ看護師転職サイトに相談をしてみましょう!

 

 

病棟の日勤常勤の求人を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト