精神科で働く看護師のメリットとデメリット

精神科で働きたい看護師必見!知っておきたいメリットとデメリット

精神科の看護師として働きたい人へ

 

精神科の仕事は、実際に働いたことのない看護師からすれば、
どんな仕事内容なのか全く分からないという人も多いかと思います。

 

 

精神科で働いてみたい看護師

 

 

漠然と「なんとなく怖そう…」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?
ただ精神科で働く看護師が危険な目に合うことは、そこまで多くはありません。

 

 

実際に精神科で働く看護師の仕事内容についてまとめてみました。
精神科で働いてみたい人は、参考にしてもらえたら幸いです。

 

 

 

精神科の看護師の仕事内容とは

 

まず精神科病院の中でも、患者さんの症状によって病棟が分かれているところもあります。

 

 

精神科救急・急性期病棟

命に関わるような急性期の患者さんが入院

 

精神科慢性期病棟

慢性的な精神症状を持つ患者さんが入院

 

認知症治療病棟

認知症の患者さんが入院

 

精神科身体合併症病棟

精神疾患と身体疾患を同時治療が必要な患者さんが入院

 

 

この他にも閉鎖病棟、開放病棟、男性病棟、女性病棟など、
精神科の中でも様々な病棟があります。

 

 

昔は精神科というだけで暗いイメージで、一般的に馴染みのない人も多かったかもしれませんが、
最近では患者層も幅広くなってきていることから、とても身近になってきました。

 

 

最近では、若い人たちの鬱病や適応障害、パニック障害が増えていたり、
高齢化社会に伴い高齢者の認知症も急激に増加しています。

 

 

そのため精神科で働く看護師のニーズも高まっていて、
精神科で働いたことのある看護師は重宝されるケースも非常に多いです。

 

 

精神科の薬

 

 

精神科の看護師の主な仕事内容としては、
服薬管理、投薬、バイタルチェック、点滴、注射などを初め、
精神的な看護として患者さんとのコミュニケーションも欠かせません。

 

 

また精神科では、精神的に不安になっている患者さんが
治療中に興奮して暴れてしまったり病院から逃げ出そうとすることもあります。
そんな行為を抑えるためには女性だけの力では難しいため男性看護師の力が必要です。

 

 

そのような理由から、精神化では男性看護師の割合も非常に多いのが特徴です。

 

 

 

精神科で働くメリット

 

残業がほぼなく定時で帰れる
専門性の高い看護ができる
患者さんに寄り添った看護ができる

 

 

精神科病院では一般的な急性期よりも、比較的落ち着いているため残業はほぼありません。
そのためママさんナースなども多く、看護師の平均年齢は30代〜40代がメインになります。

 

 

また精神科で働くことで、一般科では学べない専門的な知識を身につけることができるため、
将来的に精神科の認定看護師や専門看護師を目指すことも可能です。

 

 

また通常の急性期では、入退院や救急搬送などでバタバタしてしまい
一人ひとりの患者さんに寄り添った看護を提供することが難しい環境ですが、
その点、精神科では患者さんに向き合ってコミュニケーションをとることが必要になるため、
一人ひとりの患者さんをじっくりと向き合って看護をすることが出来ます。

 

 

 

精神科で働くデメリット

 

男性社会の職場もある
給料が高くはない
身の危険を感じることもある

 

 

精神科では、一般科の病院に比べて男性看護師の比率がとても多いため、
役職者が男性であることも多く出世に関しても男性が有利になることもあります。

 

 

また精神科では、残業がほぼないため残業代が付かない点や、
その他の手当ても少ないことから、どうしても給料は低くなってしまいます。

 

 

また精神科で働いていると、精神的に不安定な患者さんが暴れてしまい、
急に暴力をふるわれたり、嫌がらせをされてしまう…なんてことも出てきます。

 

 

ただそういった患者さんの対応も慣れれば上手く対応できるようになりますので、
しっかりと経験を積んでいくことが精神科看護師としての成長に繋がります。

 

 

 

精神科への転職を考えているのであれば…

 

もしあなたが精神科に興味を持っていて転職を考えているのであれば、
まずは様々な病院を調べてみることをおすすめします。

 

 

精神科病院といっても急性期に力を入れている病院もあれば、
認知症の患者さんがメインの慢性期の病院など様々です。

 

 

ハローワークや求人広告でも病院求人が出ているケースもありますが、
どうしても病院の内部情報まで知ることが出来ないのも現状です。

 

 

精神科の病院の中には、古いやり方の看護を提供している病院もあれば、
中には看護師が患者さんを虐待しているような病院もあります…。

 

 

そのような病院を避けて求人を探すためにも
看護師転職サイトに相談して求人を探していくことをおすすめします!

 

 

精神科の求人を紹介してくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトであれば、実際に働いている看護師の口コミや評判も把握しているため、
現場の看護しのリアルな話を聞くことが出来ます。

 

 

例えば「○○病院は看護師の離職率がすごく高くて、いつも募集を出している」
という情報や「○○病院は周りの患者さんからの評判が良くない…」など、
ブラック病院と呼ばれる病院の情報も教えてもらえるため心強い存在です。

 

 

精神科で働きたい看護師は、ぜひ転職サイトに相談をしてみましょう!

 

 

精神科の求人を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト