オペ室で働く看護師のメリットとデメリット

オペ室で働きたい看護師必見!知っておきたいメリットとデメリット

オペ室看護師として働きたい人

 

オペ室は他の病棟とはまた違った特徴を持っていますが
「一体どんな仕事をしているのか分からない…」という人もいるかもしれません。

 

 

ただオペ室で働いている看護師は、専門性を身につけることが出来るので、
いざ転職しようと思った時にも、とても強い武器になることは間違いありません。

 

 

オペ室で働く看護師

 

 

オペ室が未経験であっても「やってみたい」という看護師も多いのではないでしょうか?

 

 

 

オペ室看護師の主な仕事内容

オペ室看護師の仕事内容ですが「機械出し」と「外回り」に分かれています。
それぞれに看護師が一人ずついて、初めて手術を行うことができます。
ではそれぞれの仕事内容について見ていきましょう!

 

 

◎機械出し(直接介助)

医師への手術器具の手渡し
手術の準備
手術中の滅菌状態の保持

 

機械出しの看護師は、手術室の中での仕事がメインです。
そのため手術の準備を始め、手術室の中を滅菌状態にしたり、
また手術中に関しては医師への手術器具を渡す業務もあります。

 

よくテレビドラマなどで、医師が「メス!」と言うとすかさず看護師が
医師にメスを手渡ししている場面がありますが…、
実際の現場では医師が指示を出して手渡すようでは遅いです(+_+)

 

始めは先輩に教えてもらいながら仕事を覚えていきますが、
仕事をやっていく中で次に必要な器具は何なのかを判断して、
先回りをして器具を渡していくようにしなければいけません。

 

 

 

◎外回り(間接介助)

手術前訪問の声掛け
看護記録の作成
手術後、病棟看護師への申し送り

 

機械出しの看護師は執刀医のサポートを行うのに対して、
外回りの看護師は手術室全体のサポートを行います。

 

そのため手術に対して不安を抱えている患者さんの元に行って、
不安な気持ちを聞いてあげることで不安を和らげたりもします。

 

また患者さんの家族も同じように不安な気持ちを抱えることも多いため、
患者さんと同様に家族にも声を掛けてサポートをしていきます。

 

 

 

手術看護師のメリット

 

夜勤がない場合もある

オペ室の勤務は基本的にはカレンダー通りの勤務となるため、
日勤のみの勤務で土日は休みという病院ががほとんどです。
夜勤に関しては、夜勤体制の病院とオンコール制の病院がありますが、 
オンコールの場合は病院によっても待機の数も異なるため要注意です。

 

 

オペ室のスペシャリストになれる

単科の病院を除いた場合、ほぼ全科目の手術を担当します。
「機械出し」「外回り」ともに幅広い手術の知識を身につけることができるため、
オペ室で働くということは看護師としてのスキルアップにも繋がります。

 

 

病棟看護師としての成長に繋がる

オペ室看護師は手術中の患者の状態を詳しく知ることができます。
病棟や外来の場合、術前・術後の患者さんが看護の対象となりますが
手術中の患者さんの状態や処置の仕方を知っていることで、
患者さんにもこれまでよりも深く関わることができるようになり、
将来的に病棟看護師に戻った際も非常に役立つ力がつきます。

 

 

 

手術室看護師のデメリット

日々勉強することがたくさんある

医療は日々進歩しており手術法は新しくなるため勉強がかかせません。
未経験の看護師であれば手術の流れから機器の名前など覚えることが、
非常にたくさんあるので学ぶ姿勢がなければ勤まらない仕事です。

 

 

プレッシャーが大きな仕事

看護師の仕事は人の命を預かるため、どんな仕事であっても責任はありますが、
オペ室の看護師に関しては特に患者さんの命に直接関わるため、
日々とてもプレッシャーを感じながら手術に向かっています。

 

 

 

オペ室看護師になるためには

オペ室の求人は病棟に比べると、比較的少ない求人となってしまいますが、
オペ室が未経験であっても病棟経験があれば採用されることも多いです。
やる気を重要視されるため、なぜオペ看になりたいのかがとても大切です。

 

 

 

 

病院によってはオペ室の設備面や給料面、待遇面は様々です。

 

 

手術件数、症例数が多いオペによってもオペ室の忙しさも変わってきたり、
オンコールを取り入れている病院では、オンコールの数が頻繁すぎて
休日の日になかなかリフレッシュできないという病院もあります。

 

 

オペ室の求人を探す際には、オペ件数を初め看護師人数、部屋数など
確認しておくべきポイントがいくつもあるので要注意です!

 

 

自分一人では細かいことは調べきることが難しいため、
もしあなたがオペ室の求人を探す際は
看護師転職サイトに相談してみることがおすすめです!

 

 

 

オペ室の求人に強い看護師転職サイトはどこ?

 

 

看護のお仕事

 

 

オペ室求人に強い

オペ室はどうしても一般病棟に比べると母数が減ってしまうため、
転職サイトによってはオペ室求人を一切扱っていない会社もありますが、
看護のお仕事では病院の求人に非常に強みを持っています。
そのため、オペ室の求人も他の転職サイトに比べると求人数が多いのが特徴です。

 

 

オペ室の内部情報に詳しい

看護のお仕事では転職サポートの実績数が多いため、
実際に働いている看護師の評判や口コミも把握しています。
そのため、どんな症例のオペが多いのか、オペ件数、手術室の数、看護師数、
看護師の平均年齢なども教えてもらえるため、働くイメージもしやすくります。

 

 

看護のお仕事でオペ室の求人を探してみる

 

 

 

◆現役看護師が総合的にオススメする看護師転職サイトも別ページでまとめています。

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト