看護師転職サイトの支援金の仕組みとリスク

【本当は危険?】看護師転職サイトの支援金の仕組みとリスクについて

転職支援金の仕組みとリスクについて

 

看護師転職サイトの中には、転職サイトを通して転職が決まった場合、
転職支援金がもらえる転職サイトがあります。

 

 

看護師からしてみれば、転職のサポートをしてもらえた上で
転職支援金がもらえるのであれば非常にありがたい話ですが、
転職支援金をもらう上でのリスクがないか気になりますよね。

 

 

転職サイトによっては5万円、12万円など転職支援金が出ます。
中には40万円(!)の転職支援金があるようなところもあるみたいです。
なぜ、無料でサポートしてくれるのに転職支援金が出るのでしょうか?

 

 

まず転職支援金が支払われる仕組みについてお話していきます。

 

 

転職支援金について教えてくれるコンサルタント

 

 

転職支援金の仕組み

まず転職サイトは人材紹介として成り立っているため、
看護師を募集している病院に看護師を紹介をすることで、
病院から紹介料として手数料を受け取っています。

 

そのため看護師の転職支援金というのは、
病院からの紹介料の一部が看護師に還元されているということになります。
何も転職サイトが身を削って赤字覚悟で支払っている訳ではありません(笑)

 

 

転職支援金を支払う理由

転職支援金がサービスとしてある会社とない会社があります。
転職支援金を取り入れている会社は、ほんの一部と言われていますが、
手数料の一部をわざわざ看護師に還元するのでしょうか?

 

 

顧客満足度を上げるため
看護師の登録数を増やすため
転職後のアンケートを書いてもらうため
転職後の早期退職を防ぐため

 

 

転職サイトとしては、ミスマッチのない転職をサポートをするためにも、
入職した看護師から病院の評判や口コミをなるべく集めたいと思っています。
そのために入職後のアンケートの代わりに転職支援金を支払っているという会社もあります。

 

また、数ある転職サイトの中で差別化を図るために、
転職支援金を支払って看護師の登録者数を増やすという目的もあります。

 

 

 

転職支援金をもらうことでのリスク

 

基本的に転職支援金をもらうことでのリスクはありません。
ただ気をつけたいのが、転職サイトは人材紹介として成り立っていることから、
紹介した看護師が短期退職になってしまった場合に、
病院側に手数料を返金しなければいけないルールもあります。

 

そのため1ヶ月以内で紹介された病院を辞めてしまうと、
転職支援金がもらえない…というケースは少なくありません。

 

さらには、看護師が短期退職にならないようにするために、
転職支援金の支払いを分割にしていたり半年後にしている会社もあります。

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト