看護師の転職の流れについて

知っておきたい!看護師の転職の流れについてまとめてみました

看護師の転職の流れについて

 

看護師が転職をしようと思った時に
「まず何から始めたらいいのか分からない…」
という人も多いのではないでしょうか?

 

 

看護師が転職するために必要な書類

 

 

準備するものは?退職交渉は?準備期間はどれくらい?
など不安なことも色々と出てくるのではないかと思います。

 

 

まずは一般的な看護師の転職の流れをまとめてみました。
下記の流れに沿って余裕をもったスケジュールで転職活動を進めていきましょう。

 

 

 

@転職理由を整理する

まずは今回なぜ転職しようと思ったのかを振り返ってみましょう。
看護師の面接の際には必ず転職理由を尋ねられます!
その際に前の職場に対する不満だけでは印象も悪くなってしまいます。
キャリア、スキル、ライフワークなど、どんなポイントでもいいので
「今よりも良くするため」の転職理由をしっかりと整理しておくことです。

 

 

A転職先の情報収集する

昔はハローワークだけが転職の情報収集が出来る場所でしたが、
今はインターネット上に様々な求人情報が掲載されています。
転職サイトも数が非常に豊富なので、しっかりと厳選した上で
看護師転職サイトを2〜3社に絞った上で登録をしましょう。

 

 

B応募書類を準備する

面接に必要な書類は、写真付きの履歴書と看護師免許のコピーが一般的です。
稀に国公立病院などの面接の場合、過去に在籍していた職場の在籍証明書の
提出を求められるケースもあります。また企業等の面接の際は、
職務経歴書が必須となることもありますので準備をしておきましょう。

 

 

C面接対策をしておく

面接はなんと言っても「第一印象」がとても大切です。
まずはリクルートスーツの準備は必ずしておきましょう!
もし準備できない場合、ジャケットの着用などフォーマルな服装の方が
面接官には好まれます。またこのタイミングで、これまでの職場の退職理由と
志望動機などを紙に書き出してみるなど事前に準備しておきましょう!

 

 

D面接の当日

ほとんどの病院が面接のみですが、中には筆記試験や適性検査もあります。
面接では転職理由、志望動機、やりたい仕事についてなど聞かれます。
やはり第一印象はとても大切ですので「挨拶」「笑顔」「元気な対応」を
心がけて好印象をもたれるような振る舞いをしましょう。

 

 

E退職交渉が始まる

退職が決まってから実際に転職活動をする人もいますが、
次の職場が決まらなと退職の話を進めるのが不安という方も多いと思います。
その場合、まず師長への退職の報告は2ヶ月前には済ませておきたいものです。
そして順序として退職届を1ヶ月前に提出をして引継ぎ等をしていきます。

 

⇒「看護師の退職交渉を成功させるための5つのポイント

 

 

F手続きが必要なものがないか確認

健康保険や年金など退職する職場と、新しい職場でそれぞれ手続きが必要です。
退職前に、どのような手続きが必要であるかは人事部に確認しておきましょう。
また離職期間が空いてしまう場合、市役所で保険・年金関係の手続きも
発生するため、スムーズに手続きが進められるよう事前チェックが必要です。

 

 

 

 

転職準備は3ヶ月前から始めるのが一般的

 

上記の流れを見ても分かるように「退職届」を病院に提出するのが、
退職する日の約1ヶ月前が通常の流れになります。

 

 

また直属の上司である主任や師長には、
2ヶ月前には退職希望を伝えるのが常識的な期間です。

 

 

看護師の転職の流れを教えてくれるコンサルタント

 

 

そのためには、2ヶ月前には転職先が決まってないと
上司に退職希望を伝えるのも不安かと思います。

 

 

そのため転職先の情報収集を始め、
転職先への面接へ行ったりすることを考えると
3ヶ月前には転職の準備を始めなければいけません!

 

 

もちろん一度退職をしてから、転職活動に専念する人もいますが、
無職の期間に転職活動をしてしまう一番のデメリットは、焦って転職先を決めてしまうことです。
そのためにも、在籍期間中に余裕を持ったスケジュールで転職活動を始めましょう!

 

 

履歴書に記載をする経歴としても、ブランクがない経歴のほうが印象も良くなります。
そのためにも、まずは病院の情報収集のためにも転職サイトに登録をしてみましょう。

 

 

おすすめの看護師転職サイトを見てみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト