ママさんナース必見!子供の預け先について

ママさんナース必見!子供の預け先について悩む看護師へ・・・

ママさんナースの子供の預け先について

 

子育てをしている看護師にとって、子どもの預け先が一番の悩みですよね。

 

 

子供を預けられる施設としては保育園と託児所がメインになってきますが、
それ以外にも子供を預けられる施設はまだまだあります。

 

 

保育所
院内託児所
一時保育
ベビーシッター
ファミリーサポートセンター
学童保育

 

 

子供の預け先に関しては、これだけの選択肢がありますが、
それぞれメリットもデメリットもあるため、しっかりと比較することが大切です。

 

 

それぞれの施設の特徴をまとめたので、是非検討の材料にしてみてください。

 

 

 

保育所以外の支援サービスについて

 

一時保育

一時保育のサービスは、継続的に預けることが目的ではなく、
一時的に子供を預かって欲しいタイミングで利用するサービスです。
例えば「急遽シフト変更で自分以外に預かってもらえる人がいない」
「夫婦ともに熱を出してしまい子供にうつってはいけないから…」などです。
最近ではお母さんたちのリフレッシュ目的で育児疲れから開放するために、
一時保育を推進することも多くなってきているようです。

 

 

ベビーシッター

ベビーシッターを利用する一番のメリットは、融通が利きやすいことです。
時間的な面ももちろんですが、簡単な家事や子供の入浴補助なんかも
やってくれるベビーシッターさんもいるので、非常に助かります。
費用は他と比べても高いため、色々と比較検討が必要となります。
またベビーシッターさんには直接会った上で選ぶことも大切です!

 

 

ファミリーサポートセンター

初めて聞く人も多いかもしれないのが、ファミリーサポートセンターです。
市町村単位で設置されており、子育て支援が必要な家庭と、
ボランティアとして活動を希望する市民をマッチングする施設です。
保育園の送迎や保育園終了後に子供を預かってもらえます。
サービスを利用した際に利用者からボランティアに謝礼を支払う形になります。

 

 

学童保育

小学校の子供たちを放課後に預かってもらえるのが学童保育です。
公立の小学校に設置されていることが多く、宿題を見てくれたり、
一緒に遊んでくれるため、共働きの家庭は非常にありがたいサービスです。
土日祝日や、夏休みなどの長期休暇中も預かってもらえることも多く、
看護師のような、シフト勤務の場合はとても助かります。
費用は地域によってもバラバラですが月額5,000〜15,000円くらいです。

 

 

家で遊ぶ子供

 

 

子育てをしているママさんナースは色々な選択肢があるため
「どこに子供を預けたらいいの?」と非常に迷うかもしれません。

 

 

ただ家庭環境や仕事内容によっても、子ども預けるタイミングは変わると思うので、
まずは子供のためを考えて、それぞれの家庭に合った預け先を選んでください(^^)

 

 

転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト