看護師が妊娠してから産休と復帰の流れ

看護師が妊娠した時の【報告⇒産休⇒復帰】までの流れについて

看護師が妊娠が発覚してからの流れ

 

もしあなたが妊娠が発覚した場合、
職場への報告は、いつがいいか迷う人も多いと思います。
「安定期に入ってから方がいいのでは?」と思うかもしれませんが、
職場の上司には妊娠が発覚したらスグに報告するのがベストです!

 

 

理由としては職場への配慮もありますが、
あなた自身の身体を考えても一番良いからです。

 

 

産休に入る看護師

 

 

妊娠初期は悪阻で苦しむことも多い上、
胎児の状態もまだまだ不安定なので無理は禁物です。

 

 

出来れば上司に相談した上で、一緒に働くメンバーにも伝えておくと良いと思います。
周りのスタッフが妊娠していることを知ってくれているだけでも、
身体への配慮をしてくれるため、この時期だけは残業も避けましょう。

 

 

もう一つの理由としては、職場の人員調整のためにも早めの報告が懸命です。
もしあなたが産休や育休で抜けた場合に、今後の採用の調整も必要になるため
上司に早めに報告しておくことに越したことはありません。

 

 

 

産休期間と復帰後の育児について

 

妊娠の報告は、まずは直属の上司に相談することになると思いますが、
その際に産休期間と復帰後の件も相談しておきましょう!

 

 

産休についてアドバイスをくれるコンサルタント女性

 

 

まず報告をする際に「出産後も今の職場で仕事を続けたい」という旨は伝えておきましょう。

 

 

相談をしたタイミングでもしかしたら上司から、「いつから産休とる?」であったり
「育休はいつまでとる?」などの今後の具体的な話も出るかもしれません。

 

 

そのためにも旦那さんや、家族との話し合いは事前に済ませておきましょう。
また、その際に復帰後の周りのサポート体制についても、
近くに家族がいる場合は事前に相談しておくと良いかもしれません。

 

 

例えば「実家が近いので、子供が熱を出してしまった場合は親が見てくれる」など、
周囲の協力体制について事前の説明しておくことで病院側も安心できます。

 

 

もし仮に周囲に協力してくれる人がいない場合であっても、
上司に事前に相談しておくことで配慮をしてくれる可能性もあります。

 

 

 

産休はいつから取るべきか?!

 

産休をとるのはいつのタイミングからが一番多いのでしょうか?

 

 

産休中の看護師

 

 

平均的には2ヶ月前から産休に入る人が非常に多いです。
通常、規則的には6週間前から産休に入れるため、
この期間も含めて2ヶ月前が一番多いかと思います。

 

 

中には年間の行儀とあわせて年度の区切りで産休に入る人もいます。

 

 

プリセプターや研究発表の区切りと合わせているのですが、
一番大切なのは自分自身の体調とお腹の子供のことです。

 

 

妊娠期間は体調管理が一番大切なので、
周りを気にしすぎて無理をしないよう気をつけましょう!

 

 

転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト