看護師転職サイトでは国公立病院の求人は扱っていない?

国公立病院の求人は看護師転職サイトで扱ってないって本当?

転職サイトは公立病院の求人が少ない?

 

国公立病院と聞くと「公務員待遇」と響きが良いので、
転職先として魅力を感じる人も非常に多いのではないでしょうか?

 

 

実際に年間休日が多い、退職金制度がしっかりしている、昇給がしっかりとある
など、公立病院ならではの福利厚生が整っている病院も多くあります。

 

 

福利厚生が整った国公立病院

 

 

ただ転職サイトに公立病院について話を聞こうと思っても
「求人を扱っていない…」というケースが少なくありません。

 

 

では、なぜ転職サイトでは公立病院の求人が少ないのでしょうか?
それは看護師転職サイトが人材紹介として成り立っているためです。

 

 

実際に病院が転職サイトを通して看護師の採用をしようと思うと、
手数料を支払わないといけないため(看護師はもちろん無料です)、
費用をかけてまで採用をするか、という問題が出てきます。

 

 

国公立病院の場合、国が運営費を出していることもあり、
採用にかけられるお金は限られているケースも多いのです。
そのため、看護師転職サイトを通しての採用はほとんど行っていません。

 

 

ただ、転職サイトの中でも唯一、公立病院の求人を扱うところもあります。
その転職サイトについては、また後程触れていきますね(`・ω・´)ゞ

 

 

 

国公立&民間のメリットとデメリット

 

国公立病院は看護師の中でも人気がある求人ですが、
実際に民間病院と比べるとどうなのでしょうか?

 

 

公立病院と民間病院で迷う看護師

 

 

私自身、公立病院と民間病院のどちらでも働いた経験があるので、
それぞれのメリットとデメリットをあげてみようと思います。

 

 

公立病院

 

メリット

 

年金や退職金が民間病院よりも多い
安全・衛生面がしっかりとしている
国公立病院というブランド力

 

 

デメリット

 

時間内外の勉強会や委員会が多い
研修も休日出勤で休みが取りづらい
規則が厳しいので融通が利かない
入職時の給料は高くない

 

 

 

民間病院

 

メリット

 

個人に合わせた働き方の融通が利く
入職時の給料は公立病院よりも高い
病院によって勉強会などが全て時間内

 

 

デメリット

 

衛生面や安全面で不安が残る
病院によっては残業代が出ない
看護のレベルが公立より劣る

 

 

公立病院も民間病院も、それぞれ特徴があり一長一短かなと思います。

 

 

若いうちはスキルアップもできるので、個人的には公立病院もおすすめ出来ますが、
結婚や出産をしてからはワークライフバランスが取りにくいのが懸念点に感じます。

 

 

また公立病院は年齢制限のため40代以降の受け入れが厳しいという現状もあります。

 

 

どんな病院であれば、あなたにとって長く働けそうかということが一番大切です。
「なぜ転職したいのか」という部分をしっかりと振り返って選択するようにしましょう!

 

 

 

国公立病院の求人を扱う転職サイト

 

どうしても国公立病院の求人情報を知りたいという看護師にとって、
唯一、国公立病院の求人を扱う看護師転職サイトがあります!

 

 

それがナース人材バンクです!

 

 

ナース人材バンクの登録画面

 

 

ナース人材バンクは、看護師転職サイトの中でも最も歴史が古く、
更には求人数も圧倒的NO.1の転職サイトであるため、
他の転職サイトでは扱っていないような求人も多々扱っています。

 

 

ナース人材バンクでは唯一公立病院を扱う転職サイトと言われています。
中には年間休日が130日以上(!)あるような病院であったり、
賞与が5.5ヶ月出る年収600万円以上あるような求人を扱っています。

 

 

求人数が多ければ、その分色んな求人が出てきます。
公立病院の求人の情報を知りたい!という人は、
是非ナース人材バンクに登録をしてみることをオススメします!

 

 

ナース人材バンクで公立病院の求人を見てみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト