保健師の仕事内容とメリット・デメリットについて

【保健師として働きたい人必見】仕事内容やメリット・デメリットとは?!

保健師として働きたい人へ!

 

看護師として働く人の中には、保健師の資格も持っている人も増えてきました。

 

今は看護師として働いているけど
「保健師の仕事も気になる…」という人も多いのではないでしょうか?

 

 

保健師として働きたい女性

 

 

実際に保健師として働くとなれば、看護師とは全く業務内容も全く変わってきます。
またメリットとデメリットがそれぞれあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう!

 

 

 

保健師の仕事内容について

 

保健師といっても「行政保健師」「学校保健師」「産業保健師」に分かれます。

 

人々の健康を守るという面では共通していますが、
それぞれによって保健師としての仕事内容も変わってきます。

 

 

行政保健師

行政保健師は公務員試験に採用した人だけがなれるものです。
地域の住民の健康を守るために、乳児から老人まで幅広い年齢層を対応します。
育児の相談を受けることもあれば、個別に自宅療養している人のを訪問するなど、
仕事は多岐に渡るため体力的にもハードな仕事です。

 

 

学校保健師

学校保健師は学校に勤務し、生徒や職員の健康管理がメインの仕事になります。
いわゆる保健室の先生(養護教諭)と似たような役割になりますが、養護教諭は
教員免許が必要となるため保健師とは、また異なる職業の位置づけです。

 

 

産業保健師

産業保健師は企業において、産業医や人事労務の担当者と連携をして従業員の
健康を管理いていきます。最近では職場環境でのストレスが原因で鬱(うつ)病に
なってしまう従業員も多いため、メンタルヘルス対策なども行っていかなければいけません。

 

 

 

保健師として働くメリット

 

夜勤がないので身体が楽

保健師の仕事は、看護師と比べて夜勤がないため規則正しい勤務になります。
看護師をやっていると、どうしても夜勤や残業で不規則な勤務になってしまい
体調を崩してしまうため、保健師であればその面では体力的には楽かもしれません。

 

 

出産・子育てをしやすい環境

保健師の職場では女性が多いという点もあって、産休・育休の制度が整っています。
また看護師のように人手不足の職場環境は少ないため、休みが取りにくい…
という問題は少ないので、子育てをしながらでもワークライフバランスは取りやすいです。

 

 

自分の考えで仕事を進められる

所属する団体や担当する業務内容にもよりますが、保健師は自由がきく仕事です。
例えば、看護師であれば医師の補助のもと業務を行うことがほとんどですが、
保健師の場合は、相談や保健指導は1対1で対応するケースが多いため、
自分自身で考えて動くことが出来るので、やりがいも感じやすいかと思います。

 

 

 

保健師として働くデメリット

 

給料が低い

看護師と比べると、夜勤もないため給料が下がってしまいます。
平均的な給料も基本給で月給18万円〜、賞与も2ヶ月程度など低くなってしまい
看護師から保健師に転職した人はギャップに感じてしまうケースも少なくありません。
様々な手当がついても月給24万円〜という職場が多く、手取りは月給18万円〜くらいです。

 

 

相談内容が重いケースも多い

中には精神疾患の患者さんからの相談を受けることもありますが、
相談内容が非常に思いケースもあれば、対応が難しい時もあります。
「死にたい」という相談を日々受けてしまうことで、自分自身の気持ちにも
ダメージが大きくなってしまい気持ちが病んでしまう人もいます。

 

 

看護技術を発揮する機会は少ない

保健師の仕事内容は基本的には健康相談や保健指導がメインになるため、
看護師としての採血、点滴をはじめ看護師としてのスキルを発揮出来ないため、
将来的に看護師としての復帰を考えている人はブランクが空いてしまいます。

 

 

 

保健師の求人の探し方について

 

もしあなたが保健師としての仕事を探しているのであれば
看護師転職サイトに相談することをおすすめします!

 

 

保健師求人を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

保健師に特化した転職サイトはないため、看護師転職サイトに登録をして、
担当の人に「保健師として働きたい」という旨を相談しましょう。

 

 

また「行政保健師、学校保健師、産業保健師」のどの分野で働きたいのか、
ある程度あなたの中で考えておくと転職活動もスムーズに進められるかと思います。

 

 

ただ保健師の仕事はやってみたいけど、なかなか自分の中でやりたい分野が
定まっていない…という人でも、まずはコンサルタントに相談してみることで、
将来のキャリアプランも一緒に考えてくれるのでおすすめです。

 

 

保健師求人を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト