公立病院で働く看護師のメリットとデメリット

看護師が公立病院で働くメリットとデメリットについてまとめてみました!

公立病院で働くと本当に安定?!

 

病院は大きく分けて公立病院、大学病院、民間病院があります。
その中でも「公立病院であれば安心なのでは?」と感じる人も多いかと思います。

 

 

公立病院で働く看護師

 

 

では、実際に公立病院であれば本当に安心なのでしょうか?
最近では景気の流れも昔とは変わってきている面もあるので、
公立病院だから安心という時代も変わってきています。

 

 

では実際に公立病院で働くメリットとデメリットを把握しておきましょう!

 

 

 

公立病院で働くメリットについて

 

定年まで働けば年金や退職金が多い

公立病院のメリットとは、長く勤めることでの恩恵が大きい点にあります。
例えば新卒から定年まで働イている看護師であれば、ずっと公務員待遇になるので、
実際に定年後の退職金は民間病院とは比べ物にならない金額になると思います。
また年金に関しても、公務員としての年金受給額になるので民間病院よりは高いです。

 

 

医療におけるレベルが高く衛生面も安心

民間病院の中でも医療レベルが高いところはありますが数が限られています。
しかし公立病院であれば、基本的には国のお金で運営していることから、
求められる医療レベルももちろん高くなります。また基本的に医療関係の備品に関しては、
使い捨てをしているため民間病院でよく見られるコストカットのための使い回しなどを
見かけることはないため、患者さんにとっても看護師自身にとっても安心出来ます。

 

 

 

公立病院で働くデメリットについて

 

ワークライフバランスが取りにくい

公立病院では求められる医療レベルが高いことからも分かるように、
休日であっても勉強会や研修が入ってきて自主参加にさせられたりします。
また看護研究や委員会に力を入れている病院も多いため、勤務終わりに集まりがあったり
休みの日も強制的に出勤をして資料をまとめたりする時間もとらなければいけません。

 

 

ルール・規則が厳しく融通が利かない

公立病院はどうしても国や市で定められたルールがあるため融通が利きにくいです。
例えば、結婚や出産を機に「日勤のみで働きたい」と思った場合であっても、
常勤として働くには夜勤が必須なので、非常勤の扱いになってしまうケースもあります。
その点、民間病院であれば日勤常勤という働き方もあるので家庭との両立がしやすいです。

 

 

 

公立病院の求人を探すためには?

 

公立病院の求人は、看護師にとっても人気があるため、
なかなか求人が出ていないというケースが多いかと思います。

 

 

ハローワークや求人広告はもちろん扱っていません。
ホームページからの募集も新卒採用の募集要項は載っていても、
中途採用の募集については締め切っている病院も多いです。

 

 

そこで、公立病院に転職をしたい看護師にオススメなのが、
看護師転職サイトに相談することです。

 

 

公立病院の求人を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

とはいっても、看護師転職サイトでも公立病院の求人を扱っている会社は限られています。
せっかく転職に登録しても「公立病院の求人はない」と言われてしまうことも少なくありません。

 

 

 

公立病院で働きたい人にオススメの看護師転職サイト

 

 

ナース人材バンク

ナース人材バンクの登録画面

 

公立病院の求人に強い

ナース人材バンクでは全国23万件という圧倒的な求人数を扱っており、
その中でも公立病院の求人に強みを持っています。
他の転職サイトではなかなか扱っていない求人になるため、
公立病院で働きたい人はナース人材バンクへの登録は必須です。

 

 

ベテランコンサルタントが面接のサポートをしてくれる

ナース人材バンクは最大手と言われている会社で、
ベテランコンサルタントも多数在籍しています。
そのため病院ごとの面接傾向も把握しているので、
面接対策もかなり入念にしてもらえます。

 

公立病院は面接ハードルが高いと言われることもありますが、
ナース人材バンクの面接サポートがあれば内定率も高くなると言われています。

 

 

公立病院の求人を探してみる

 

 

 

◆現役看護師が総合的にオススメする看護師転職サイトも別ページでまとめています。

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト