離島応援ナースの求人を探す方法

離島応援ナースとして働きたい看護師必見!高給料の求人の探し方

離島応援ナースとして働きたい人

 

離島応援ナースとは看護師が不足している離島へ行って、
期間限定で離島の看護師として働く仕事です。

 

 

応援ナースで行く離島

 

 

北は北海道から南は沖縄まで全国各地の離島で、
看護師が不足している地域に期間限定で行くため
「今まで一度は行ってみたかった」という地域にも
行くことが出来ます♪

 

 

そんな離島応援ナースですが、
メリットもあればもちろんデメリットもあります。

 

 

 

離島応援ナースとして働くメリット

 

月給30〜50万円と高給与

離島応援ナースは都会で勤務している病院よりも高い給与がもらえます。
離島はそれだけ人手不足なので、高給与を出してでも看護師に来て欲しいのです。

 

また医療設備も整っていない中で、看護師にとっては通常では考えられないような
労働環境のため、危険手当という意味合いも含んだ給与になっています。

 

 

住居費や引越代が全て無料

離島応援ナースは住居代や引越し代が無料のため「一度住んでみたかった!」
という地域に、ほとんど費用をかけることなく引っ越すことが出来るのがメリットです。

 

また住まいは寮になるため敷金礼金は無料で、寮の費用や光熱費も支給されます。
さらには勤務地(離島)までかかる交通費も、飛行機代などが支給されますので、
自分の身体一つあれば、すぐにでも離島へ行けてしまいます!

 

 

大自然でリフレッシュ出来る

離島は大自然に囲まれているので、例えば沖縄では休日にマリンスポーツや
スキューバーダイビングも出来るので、心身ともにとてもリフレッシュになります。

 

また離島の人は暖かく迎えてくれるので、離島を離れるのが嫌になってしまい、
離島にそのまま移住ししまう看護師もいるほどです。

 

 

 

離島応援ナースで働くデメリット

 

衛生面のカルチャーショック

離島の医療に関しては、まだまだ発展途上のため衛生面や安全面はこれからです。

 

大学病院や公立病院で働いていた看護師が、離島応援ナースとして勤務すると
離島での圧倒的な医療レベルの低さに、カルチャーショックを受けてしまいます。

 

 

一人の看護師の業務の幅が広い

離島では看護師以外にも医師や薬剤師も不足しているため、
看護師以外の業務をこなす機会も非常に多くなってきます。

 

診療介助はもちろんですが、調剤から薬剤、物品の注文から管理まで
全て一人でやるため離島応援ナースになるには最低でも1年以上の経験が必要です。

 

 

 

離島応援ナース専門の看護師転職サイト

 

離島応援ナースで働きたいという看護師は非常に多くいますが、
「どこで求人を探せばいいのか分からない」という人も多いと思います。

 

 

例えば、ハローワークでも離島応援ナースの求人は扱っていません。

 

 

それぞれの離島にある病院のホームページに載っていることもありますが、
そもそも離島にどんな病院があるのか分からないという人がほとんどだと思います。

 

 

そこで離島応援ナースとして働くには、
看護師転職サイトに相談してみることをオススメします!

 

 

離島応援ナースの求人を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

ただ、看護師転職サイトを選ぶ時に気をつけておきたいことがあります。

 

 

看護師転職サイトと言っても100位上の数がありますが、
離島応援ナースの求人を扱っているの転職サイトは非常に少ないです。

 

 

その中でも、離島応援ナースの求人をメインで扱っているのが、
「ナースパワー」です!

 

 

 

ナースパワーの口コミはこちら>>

 

離島看護師の求人数が全国NO.1

ナースパワーでは北海道から沖縄まで全国の離島応援ナースの求人を扱っています。
最近ではテレビCMでもよく見かけるようになりましたが、離島応援ナースといえば
ナースパワーというイメージが強いかと思います。
逆に他の転職サイトでは、離島応援ナースはほぼ扱っていません(+_+)

 

 

面倒な面接はありません

ナースパワーへの登録後、わざわざ離島に面接に行くことはありません。
基本的にはナースパワーから、看護師の簡単な推薦状を離島の病院に送ってもらい、
書類選考に合格すれば、晴れて離島応援ナースとして仕事に行くことが出来ます。
相当何か問題がない限り(笑)、書類選考で落ちることはありません。

 

 

ナースパワーからは採用されやすい

ナースパワーからの紹介であれば採用されやすいと言われています。
理由としては、病院が紹介会社に支払う手数料が通常の4分の1なので、
病院としても、ナースパワーの紹介の看護師は採用はドールも下がってきます。

 

 

離島応援ナースを探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト