介助業務が多い職場で働く看護師の悩み

介助業務が多い職場で働く看護師の悩み!看護師業務に専念したい・・・

看護業務に専念できる職場を探したい

 

看護師の仕事をやっていく上で、配属先によっては看護師が
看護業務以外の仕事も担わないといけないような職場も多々あります。

 

 

そのため看護師業務以外の仕事に追われてしまって、本来は看護師がやるべきケアに
手が回らなくなってしまい「なんのために看護師になったんだろう…」と悩む人もいます。

 

 

看護師業務に専念出来なくて悩む看護師

 

 

特に療養型病院や介護施設では、看護業務以外の仕事が多いため
転職を考えるキッカケが「看護業務に専念出来る職場で仕事がしたい…」
など、今の職場では実現出来ないような環境を求める人も少なくありません。

 

 

では、どのような時に看護業務に専念出来ていないと感じるのでしょうか?

 

 

 

看護業務に集中出来ていないと感じる時

 

では「看護業務に専念出来ていない」と感じるのは、どんな時でしょうか?

 

 

入浴介助
食事介助や食事量のチェック
トイレ介助やおむつ介助
患者さんの体位交換
シーツ交換やベッドメイキング

 

 

上記の様な業務に携わることが多い場合、
看護業務に専念出来てないと感じるかと思います。

 

 

職場環境の特徴としては、高齢者や認知症の患者さんが多い場合、
看護師も介護業務を一緒に行うケースが多いのではないかと思います。

 

 

もしあなたが今の職場から転職を考えているのであれば、
病院の特徴や患者層について事前にチェックしておきましょう!

 

 

 

転職先を選ぶ時にチェックすべきポイント

 

看護と介護が分かれてる職場か

看護師の多くが悩んでいることの一つが介護業務への負担についてです。
それが多く見られるのが寝たきりの患者さんの多い療養型病院や介護施設ですが、
それぞれの職場によっても看護業務と介護業務の負担については様々です。
介護施設であっても看護師は入浴介助には一切関わらないような職場もあるので、
面接時に「介護業務への負担はどれくらいか?」という点を確認しておきましょう。

 

 

コメディカルの人数をチェック

ヘルパーをはじめ、薬剤師やPT、OTの人数によっても看護師の負担は変わってきます。
例えばコメディカルの人数が多い職場であれば、それぞれの専門職種に専念できて、
しっかりとチームとして患者さんの医療を提供できるので理想系だと思います。
もし看護業務に集中したい場合は、ヘルパーを始めそれぞれの職種の人数も
確認しておくことで、入ってからの負担も減ってくるのではないかと思います。

 

 

看護師転職サイトに相談する

もしあなたが看護業務に専念できる職場に転職をしようと思った時には、
まずは看護師転職サイトに相談することが一番のおすすめです。
例えば介護施設であっても、転職サイトのコンサルタントであれば事前に
施設の内部情報などを確認できるので「入ってみたら介助業務が多すぎる…」
ということもないため、転職活動をする上で非常に心強い存在です!

 

 

看護業務に専念出来る職場を探してみる

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト