大学病院で働く看護師の悩み

大学病院で働く看護師の悩みについて・・・転職先はスグに見つかる?

大学病院で働く看護師の悩み

 

大学病院といえば「キャリアアップのための環境が整ってそう」であったり
「給料が高そう」「休みが取りやすそう」というイメージを持つ人も多いかもしれません。

 

 

大学病院を辞めたい看護師

 

 

ただ実際に大学病院で働く看護師にとっては
「そんなことない」と思う人も多いのではないでしょうか?

 

 

仕事内容や労働環境をはじめ「大学病院で働く看護師ならではの悩み」
を抱えている人は非常に多いです。

 

 

 

大学病院で働く看護師の悩みについて

 

研修医が採血や点滴を行うので看護技術が身につかない

 

休日は勉強会や研修、看護研究で出勤することが多い

 

残業代がつかないのでモチベーションが上がらない

 

医師の派閥争いや看護師同士も派閥が存在する

 

 

まず大学病院ならではの悩みとして、看護技術が身に付かないという点があります。

 

 

基本的に大学病院は医師の数が多いため、医療処置は医師が実践することが多く、
また研修医の数も非常に多いことから点滴や採血も実践する数が限られています。

 

 

看護師が使用する注射

 

 

また大学病院で働く看護師は、勉強会や研修が多いことから、
勤務終わりも勉強会があったり休みの日にも研修で強制的に出勤させられる上に、
研修費用や交通費も実費で行かないといけないというケースも少なくありません。

 

 

また大学病院であれば残業代は出るのでは?というイメージもあるかもしれませんが、
実際には残業代に加えて休日手当もつかないような環境もあるのが現実です。

 

 

さらには白い巨塔のような医師同士の派閥や、また看護師同士の派閥もあるため、
人間関係でストレスを感じてしまい、転職を考える人も多いのも特徴の1つです。

 

 

 

大学病院から転職しようと思ったら…

 

大学病院で働く看護師が転職を考える時に気をつけないといけないのが
「なかなか退職交渉が進まない!」という悩みではないでしょうか?

 

 

というのも多くの大学病院では年度末の3月末退職しか認めていない病院もあります。

 

 

理由としてはプリセプターの任期や委員会、看護研究の区切りから
年度末以外の退職は許されないという大学病院も少なくありません。

 

 

だからこそ退職を考えている看護師は半年〜1年前くらいから転職活動をしています。

 

 

そこで看護師転職サイトのコンサルタントに相談してみることをおすすめします!

 

 

 

 

看護師転職サイトでは半年〜1年以上先の退職の相談も受け付けています。
そのため大学病院に勤めている看護師は、1年前くらいから退職時期を含めて
転職サイトのコンサルタントに相談をして情報収集をしている人も多くいます。

 

 

退職交渉に難航する人も多くいますが、転職サイトのコンサルタントが
退職交渉におけるコツについても教えてもらうことが出来ます。

 

 

大学病院から転職したい人はこちら

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト