看護師が患者さんからセクハラを受けた時の対処法

看護師が患者さんからセクハラを受けた時の対処法について!

患者さんからのセクハラ対処法について

 

看護師の悩みとして多いのが、患者さんからのセクハラについてです。

 

 

患者さんにも悪気はないのかな?と感じるようなセクハラから、
どんどんエスカレートしてしまい仕事が嫌になってしまう内容もあります。

 

 

患者さんからのセクハラに悩む看護師

 

 

私自身も患者さんのセクハラにはすごく悩んでいた時期があり、
特に新人看護師の時は上手く対処出来なくてへこんでいました。

 

 

ただ時間が経つにつれて先輩看護師がセクハラに対処している場面を見て、
「セクハラに対処するコツ」のようなものを身につけるようになりました。

 

 

 

看護師が悩むセクハラ実例について

 

夜勤の巡回中に待ち伏せされる
入浴介助をしていたら抱きついてくる
下ネタを大声で言われる
不用意にボディタッチをしてくる

 

実際にセクハラ被害にあったことのある看護師であれば
「あるある」という内容も多いかもしれませんし、
更にひどい内容のセクハラを受けてしまった人もいるかもしれません。

 

 

もしセクハラを受けてしまっても「患者さんだし我慢しないといけないのかな」と感じてしまい
一人で抱えこんでしまうことで、患者さんのセクハラがエスカレートしてしまうケースもあります。

 

 

そうならないためにも、セクハラにを受けた時の対処法を知っておきましょう!

 

 

 

患者さんのセクハラ対処法について

 

毅然とした態度をとる

「患者さんだし…」と流してしまったり、作り笑いをしまい何も言えない人も
多いかもしれませんが、そこにつけ込んでくる患者さんもいるので要注意です。
例えば、笑って流されると患者さんとしても「これくらいなら大丈夫なんだ」と、
誤解を与えてしまうため、セクハラが助長されてしまうケースも少なくありません。

 

だからこそ「不快だしやめてほしい」という意志を、しっかり表示することが大切です。
例えば患者さんに触られた時にも「何で触ったんですか?やめてもらえますか?」
と毅然とした態度で患者さんに伝えることで、患者さんのセクハラも緩和出来ると思います。

 

 

上司や先輩に相談する

患者さんからセクハラを受けた時に、一人きりで悩んでしまう人もいますが、
必ず上司や先輩に相談することが最も重要なポイントになってきます。
あなた一人が悩んでいると思っていたセクハラの問題も上司に相談することで、
組織の問題として扱ってもらえることで意外と多くの看護師が悩んでいた…
ということが発覚するかもしれません。院内でセクハラ対策委員会を設置している
病院もあるので、そういった場所に相談してみるのもいいかもしれません。

 

 

死角を作らず1対1の状況にしない

患者さんの巡回をしている時に、周りから見えない場所で1対1になってしまうと
セクハラをしてくる患者さんにとっては死角になるためチャンスだと思われてしまいます。
だからこそセクハラ対策という意味でも病室のドアは常に空けておいたり、
もう1名看護師を付けてもらったりと、とにかく第三者から見えるような空間を作りましょう。
1対1だとセクハラが助長してしまう患者さんも、多くの人の目に触れるところでは、
全くセクハラ行為をしなくなったというケースがあるので効き目があると思います。

 

 

 

 

看護師の中には患者さんのセクハラがエスカレートしてまって
「看護師を仕事を辞めたい…」を感じてしまう人も少なくないかと思います。

 

 

だからこそ、あなた一人で悩まずに周りの人を巻き込んで対処をしていきましょう!
たった一人の患者さんのせいで、看護師の道を諦めるのは非常にもったいないです。

 

 

転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです

 

 


おすすめ転職サイト! 転職サイトの罠について 看護師転職サイトの比較 ○○な人におすすめ! 配属先別おすすめサイト